ホームページ製作・ウェブサイト制作 大阪 | ウェブデザイン ブルームーンカフェスタジオ

HOME > コーディング(XHTML+CSS)

Web標準技術に準拠したコーディング

WEB標準に準拠したコーディングを行うことにより、データ処理の高速化に伴う表示の高速化やCSS制御のレイアウトによるメンテナンス・アクセシビリティの向上などの様々なメリットがあります。

Full CSSコーディングを採用

XHTML

旧来のHTMLではなくXHTMLを採用する理由は、XHTMLはHTMLに比べて厳しい書式を備えてるため処理を行なうのに負荷が軽減され、データ処理の高速化に伴い、ブラウザの安定動作が望めるからです。 また、データの再利用性が高まり、情報が共有化されやすくなります。
携帯端末や、リモコンとテレビスクリーンを使用する端末など、さまざまな環境に利用が可能となっていきます。

CSS

CSSはWEBページの論理構造と視覚表現を分離し、視覚表現(レイアウトなど)を定義する目的で開発されました。
(X)HTMLに備わっている視覚表現のコントロール機能は極めて惰弱であるために、複雑なレイアウトにするために(X)HTML本来の 目的である論理構造の記述が乱れました。
そこで視覚構造(レイアウトなど)をCSSで記述することにより 本来の(X)HTMLの論理構造をよりシンプルに表現することが可能となりました。

XHTML+CSSの必要性

W3C標準仕様に準拠したXHTMLと視覚表現を定義するCSSを使用することによって、 論理構造と視覚表現を分離します。
これによって本来のウェブサイトの目的(論理構造)に沿ったサイトを構築することが可能となります。 データ処理の高速化、ユーザビリティやアクセシビリティへの最適化。
また、構造と表現を分離することで、WEBページのメンテナンスなども容易になります。

料金プラン

ページ単価による料金設定です。
ページデザインによっては共通項の整理と管理でコストを下げることが出来ます。
下記料金は目安ですので、一度お気軽にお問い合わせください。

TOPページ
12,000円
Templetes
10,000円
1頁(1280×1024)
7,000円

Copyright © 2003-2011 Blue Moon Caf'e STUDIO. All Rights Reserved.